バイク購入のポイント

バイクを購入するなら新車と中古どちら

バイクを新車から探すことによって、どこかにがたがきていることもなく、きちんと整備された状態で購入することができ、自分のスタイルでカスタムすることができます。
ただ、新車は販売価格が中古で購入するよりも高くなりますが、きちんと整備されていて、どこかにがたがきているわけではないので、長く乗り続けることができます。
また、販売されて間もないバイクは中古市場に出回ることがないので、新しい物を購入した実感を感じることも可能です。
中古市場には、人気のメーカーのバイクが安く販売されることがあるので、掘り出し物が見つかることがありますが、新車に近い状態でないと、きちんと整備されていても、エンジンやブレーキなどにがたがきていることがあります。
中古のバイクは元の持ち主が大事されていて、カスタムされていることも多いので、新車をカスタムするよりも中古ですでにカスタムされているのを探して購入することで、カスタムする手間と費用を節約することができます。

魅力いっぱいの小型バイク

小型は別名原付2種とも呼ばれ、排気量125㏄までです。
250㏄や400㏄といった中型には性能面で劣りますが、メリットもたくさんあります。
50㏄の原付にある二段階右折や速度30キロ制限といった縛りがなく二人乗りも可能なのです。
しかも維持費や車両価格が安く簡単にバイクデビューできます。
パワーにもゆとりがあり車の流れに乗って走行できる原付にはない魅力があります。
デメリットは高速道路や自動車専用道路が走れないことです。
ですが最近の小型バイクは性能も良く特にスクータータイプは250㏄クラスに引けをとらない安定感 があり走りも申し分なく、本格的な走りを楽しみたい方にはMTタイプもあります。
下道であればそこそこ長い距離のツーリングも可能です。
小型ゆえに扱いやすく燃費も良く、維持費も安くこれからバイクに乗りたいけど手軽に乗りたい人にはぜひおすすめです。
中型や大型にはない魅力がたくさんある小型バイクでツーリングデビューしませんか。
いちばんよいのは、試乗してから決めることです。

Copyright © 2015 バイク査定マニュアル all rights reserved.