バイク購入のポイント

ガラスコーティングでバイクもかっこよさを持続

ガラスコーティング ガラスコーティングは現時点で最高グレードのコーティング方法で、車に施工するのが主流でしたが、近年はバイクにも普及していて、燃料タンクやカウルなどの塗装面や、金属部分、メッキ部分、樹脂部分も塗装されていればコーティング可能となります。
また、耐熱用のコーティングも出始めていて、マフラーやエンジンなども施工できるようになり、施工箇所が多くなっています。
ガラスコーティングを行うと、ガラス特有の透明感のある艶と光沢が出るのでバイク自体のかっこよさが引き立ち、コーティングした場所は硬い被膜を形成するので傷付き防止効果もあります。
また、バイクが汚れた場合は、水洗いすると簡単に奇麗になるのでメンテナンスも容易で、何度洗ってもコーティングが剥がれたり薄くなる事もないので、コンパウンド入りのシャンプーを使わない限りは持続効果が長続きします。
傷付き防止効果と光沢が長続きするので、近年はバイクと一緒にヘルメットに施工する人も多くなっています。

ガラスコーティングをバイクにする場合の価格について

バイクのガラスコーティングはバイクを長くきれいに保つためには絶対に必要になります。
ガラスコーティングは施工業者も存在するが、自らおこなう方もいます。
ガラスコーティング剤は、価格もさまざまであり、相場としては3000円から1万円程で販売されています。
ガラスコーティングを施工業者に依頼すると数万円程度の費用でおこなってもらえます。
コーティングはそれほど難しい作業でもないが人によっては失敗してしまう場合もあります。
雨の日や、風の強い日、直射日光が照り付ける夏場などを避けてコーティングをおこなえば、個人でもコーティングを施すことは可能であり、ほぼ成功します。
また失敗した際の保険としてガラスコート溶解剤をあらかじめ用意しておくことで再度コーティングをおこなうこともできます。
コーティングをしてある状態で、洗車等をおこなった場合、スプレータイプのガラスコート保護剤といったアイテムもありますので、施してあげるとコーティングが更に長持ちします。

Copyright © 2015 バイク査定マニュアル all rights reserved.